神戸大学海洋底探査センター

プロジェクトProject

探査プロジェクト

プロジェクト「大阪湾活断層」

直下型地震と津波発生の危険性を評価する


近畿地方には古の都が点在し、歴史のある神社仏閣も多い。しかしこのことは、決してこの地が地震に襲われる可能性が小さいことを意味するものではない。私たちは忘れてはいけない。1995年1月17日に発生した兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)は、6434人もの尊い命を奪い、国際港湾都市神戸を破壊した。また最近でも、大阪府北部地震(2018年)では大都市圏のインフラの脆弱さが露見した。さらに歴史を遡ると、近畿地方では数多くの地震が発生し、幾度となく大きな被害を出してきた。それもそのはず、近畿地方は日本列島でも最も「活断層」が密集する地域なのだ。


近畿地方の活断層(赤線):過去の直下型地震(星印と丸)
の多くは、活断層沿いで起きている

しかし注意しなくてはいけないことがある。この地域に分布する活断層は、これまでその存在が確認されたものだけでなく、地下に潜在する未知の断層が他にも存在することだ。実際大阪府北部地震は、近傍を走る有馬・高槻断層帯や上町断層帯、生駒断層帯で発生したものではなく、全くこれまで知られていなかった断層が引き起こしたものだった。

活断層の存在は、地質調査や人工地震を用いた構造探査で確認される。しかし、これまで調査が行われてきた陸域でも未知の活断層は存在する。つまり、これまであまり調査が行われてこなかった大阪湾や瀬戸内海などの海域は、決して活断層空白地帯ではなく、単にその存在が知られていないだけなのだ。しかも海域で発生する地震は、津波を引き起こしてさらに大きな災害に至る可能性もある。


大阪湾の海底下に潜在する断層構造

大阪湾は淡路島と上町台地という隆起帯に挟まれた低地、沈降帯だ。このように活発な「地殻変動」が起きる場所には、必ずと言っていいほど断層が密集しているはずだ。これまでの研究から、湾内には「大阪湾断層」と呼ばれる全長40 kmにもわたる大きな断層帯が確認されている。また、最近の研究ではこれまでよく知られていなかった他の断層の分布も示唆されている。

そこで私たちは、大阪湾の地下構造を探査し、海底に潜む活断層の性状と断層の活動履歴を明らかにするプロジェクトを開始することにした。探査は、沿岸域の活断層調査を続けている産業技術総合研究所と共同で実施している。


音波のはねかえりを利用した海底下の地層のイメージング
(「反射法地震探査」)

調査は、神戸大学練習船「深江丸」および調査船「おのころ」を用い、反射法地震探査と呼ばれる方法で海底の地下構造を観測している。

反射法地震探査では、人工的に発生させた弾性波を地下に送り込み、その反射波を受振器(ハイドロホン)で観測し、そのデータを解析する。反射がどの場所で起こっているのかを同定することで、地下構造のイメージングを行っている。

また、反射法地震探査と併せて、「深江丸」に搭載されたマルチビーム音響測深機を用い、大阪湾内の高分解能海底地形データを取得している。


最近の実績

日本地球惑星科学連合2021年大会(2021年5月30日~6月6日開催)において大阪湾断層調査のこれまでの研究成果を発表しました。


● 海洋底探査センター・海事科学研究科附属練習船深江丸 第10次探査航海(2021年2月26日~3月11日)において、大阪湾内で地形探査を実施しました。


● 2020年12月14日~18日の日程で、産業技術総合研究所と共同で大阪湾断層調査を実施しました。


● 海洋底探査センター・海事科学研究科附属練習船深江丸 第9次探査航海(2020年10月7日~21日)において、大阪湾内で地形探査を実施しました。


● 2020年6月8日~12日の日程で、産業技術総合研究所と共同で大阪湾断層調査を実施しました。


● 海洋底探査センター・海事科学研究科附属練習船深江丸 第8次探査航海(2020年2月27日~3月11日)において、大阪湾内で地形探査を実施しました。


*本研究は、船舶運航経費など一部の経費においてクラウドファンディングによる支援を受けております。ご支援をいただきました皆さまには心より感謝を申し上げます。